読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YoYoYoY

君はこの、GIFばかりの重たいブログを開けるか

iMacのカラーキャリブレーションをしてみた【印刷用】

f:id:yoooooemin:20161015222834j:plain

こんばんは、織田檸檬です。

カラーキャリブレーションってご存知ですか。iMacの画面の色味を調整する機能です。標準装備です。

iMacの通常の画面はなんだか青みが強い感じがしたので、調整してみました。

あなたのその画面は正しい色を描画していますか

 

パソコン画面はみな同じだと思っていませんか。

これは見比べてみないとわからないですけど、発色が全然違います。

普通の人でもわかります。

 

ただ用途によって正しさの基準が違ってくるので、キャリブレーション(調整)が必要になってきます。

 

iMacはカラーキャリブレーションが標準装備されています。(これがデザイン系でMacが使われるポイントのひとつです)

今回は印刷した時と同じ色味になるようディスプレイを調整してみました。

 

キャリブレーション方法

 

Commandを押しながらスペースキーを押し、そこでキャリブレーションと打ってください。するとディスプレイのプロパティが開くと思います。

 

カラーを選択するとディスプレイプロファイルといって、色味のプリセットみたいなものが並びます。

 

普通は一番上のiMacというのが設定されているかと思います。これを印刷用にカスタマイズしてみたいと思います。

 

optionキーを押しながら補正というボタンを押してください。

それから以下のサイトを参照してください。(丸投げ)

 

[O]印刷用プロファイルを作ろう!Macで最低限やっておきたいディスプレイ環境整備 – Olein

 

印刷してみる

 

いままで普通ので見慣れているので、こんなに黄色っぽくてはたして印刷時と合うのか?と不安でしたが、いざ印刷してみると、アウトプットと近かったので驚きました。

少なくとも元の設定よりかは近いものになりました。すごい。

 

みなさんもお手持ちの写真などでぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

 

印刷を頻繁に行う人はこのキャリブレーションは結構役に立つと思います。

ただ別にそういう予定はないという場合は、今のままでもいいかもしれません。

 

むしろMacの場合は、通常の設定で調整を行っている可能性もあるので、いじらないほうがいいのかも?しれません。

 

もっと正確なカラーキャリブレーションに関しては、もうそういう機能をもったディスプレイを買うのが一番いいのではないかと思います。

というか、実際持っている身として、ソッチのほうがいいと思います。

みなさんもキャリブレーション機能を持ったディスプレイを買いましょう。

 

www.eizo.co.jp

 

というわけで以上です。

 

 

今日のGIFについて

今日はおやすみです。